滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは?

耳の奥の“中耳”に水がたまった病気です。急性中耳炎のように痛かったり熱が出たりはしませんが、聞こえにくくなったり、なかなか治らないことがあります。

gaijien

滲出性中耳炎の原因

 ①急性中耳炎:急性中耳炎が治る過程で起こることがあります。
 ②鼻の病気:アデノイド、副鼻腔炎(ちくのう)、アレルギー性鼻炎など。
 ③その他:胃酸の逆流(逆流性食道炎)など。

症状

 一番おこりやすいのは難聴です。それ以外は耳の詰まった感じ、耳鳴、自分の声が耳に響くといった症状がおこることがあります。

治療

①鼻処置:鼻吸い
②ネブライザー
③鼻からの通気:鼻から耳へ空気を通す治療です。(※自宅で自己通気する方法もあります。)
④薬の内服、点鼻
⑤鼓膜切開、チューブ留置:治りにくい場合に行うことがあります。

治療上の注意点

完全に治るまで時間がかかりますが、根気よく治療することが重要です。治療をせずに放っておくと、お子様の成長に影響を与えかねません。しっかりと治療をしましょう。
また、次のような習慣にも注意が必要です。
①鼻すすりの習慣
 ②おしゃぶりの使用
③親の喫煙習慣
④集団保育

滲出性中耳炎のQ&A

Q. こどもが「耳が聞こえない」「耳が詰まっている」と言わなくなりました。滲出性中耳炎が治っていると考えていいでしょうか。?
A. 滲出性中耳炎の患児の40−50%は症状を訴えないと言われています。しっかり治っているかどうかは必ず耳鼻咽喉科で診察を受けて確認してください。

Q. 治療せずに放っておくとどういう影響がありますか?
A. 音に対する反応が低下し、集中力が低下したり、運動や言語の発達が遅れたりします。また、鼓膜がへこんで、手術が必要な中耳炎(真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎)を引き起こすこともあります。