外耳炎

外耳炎とは?

 耳の入口から鼓膜までの間を“外耳”といい、そこに炎症が起こった状態のことです。
主に、耳かきや爪で外耳に傷をつけてしまうことが原因で起こります。

gaijien

症状

炎症が軽い場合は、耳がかゆい程度ですが、ひどくなると、耳が痛くなり、耳たぶを引っ張るとさらに痛くなります。感染を起こすと耳から汁が出ます。耳がつまった感じ、聞こえにくいなどの症状を認めることもあります。
耳をよく触っている場合も外耳炎の可能性がありますので、耳鼻咽喉科での診察をおすすめします。

治療

耳をきれいにして、塗り薬や点耳薬を用います。ひどい場合は、抗菌薬や痛み止めの内服を行ったり、ガーゼで圧迫したりすることもあります。

治療中の注意点

治るまでは、薬を塗るとき以外に耳を触らないようにしてください。通常は、2週間程度で治りますが、炎症がひどい場合、慢性化している場合は長引くこともあります。

外耳炎を防ぐには?

耳そうじを頻繁にしないでください。1か月に1回で十分です。健康な耳であれば、耳あかは自然排泄されるので、耳そうじは、耳の入口にある耳あかを取り除くだけで十分です。あまり熱心に耳そうじをしすぎると、耳の保護作用が失われ、かえって外耳炎を起こしやすくしてしまいます。
⇒「耳そうじについて」をご参照ください。
 
よく、「お風呂上がりに毎日耳掃除をしている」という話をおききしますが、必要ありません。耳から水が入っても鼓膜があるため、それ以上奥に水が入ることはありませんし、自然に水は蒸発します。小さいお子様(特に未就学児)の場合、耳垢を奥に押し込んでしまい、取りにくくなることも多いですので、できれば耳鼻咽喉科でとってもらうことをお勧めいたします。

外耳炎のQ&A

Q.お風呂やプールの水が耳に入ると外耳炎になりますか?
A.お風呂の水は清潔ですので外耳炎になることはあまりありませんが、プールや海の水が耳に入って外耳炎になることはあります。ただし、プールのあとに毎回耳掃除をすることも耳にとってあまりいいことではありませんので、プール後に耳の調子が良くない場合は、耳鼻咽喉科で診察してもらいましょう。