鼻出血

子供の鼻血の原因

 子どもの鼻血の原因は、鼻水が出る病気(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など)があり、鼻を触ることによるものがほとんどです。いったん出血すると、傷がついた粘膜にかさぶたがつきます。それが気になって触ってしまうことで再出血を繰り返してしまいます。

 また、気温が高くなったり、のぼせたりすることで、鼻の中の血液量が一時的に増え、鼻血がでることもあります。

 成長とともに鼻の粘膜が発達して強くなれば、鼻血がでにくくなるので、ほとんどの場合、心配いりません。

鼻血の対処法

鼻血が出たら、まずは下記の処置を行いましょう。
hanadi
(1)鼻血を飲まないように、座って下を向かせましょう。
(2)鼻翼(鼻の柔らかい部分)を両側からしっかりつまみましょう。
(3)そのまま、10分間、持続的に圧迫しましょう。

※注意※
・上を見上げて、首の後ろをトントン叩いてはいけません!
・鼻血がのどに流れてきても、飲み込まず、吐き出すようにしましょう。
・子供を落ち着かせるために、大人は慌てず、冷静に対応しましょう。

鼻血の予防

 ① 鼻いじりをやめる!
 ② 毎日の食事ではタンパク質やビタミン類をしっかり摂って、鼻の粘膜を強くする。
 ③ のぼせやすい子供は衣服や空調を調節してあげる。

鼻出血のQ&A

Q.どんなときに病院にかかったらいいの?
A.下記の場合は受診してください。
 ・止血をしても長時間出血が続いている。
 ・何度も大量に出血している。
 ・鼻血以外にも出血傾向(歯肉出血や全身の皮下出血)がみられる。