鼻副鼻腔炎

副鼻腔炎とは?

 鼻のまわりの骨にある「副鼻腔」という空洞に細菌やウイルスが感染して、炎症が起こり、鼻づまりや鼻水、頭痛など、さまざまな症状が出る病気です。

fukubikou

副鼻腔炎の種類

① 急性副鼻腔炎:多くの場合、かぜに引き続いて副鼻腔に感染が起こり、頭痛や顔面痛などの
急性炎症症状を呈するものです。通常は1-2週間で治ります。
② 慢性副鼻腔炎:急性副鼻腔炎の症状が長引いたり、繰り返したりすることによって慢性化した状態です。以前、「蓄膿症」と呼ばれていました。

症状

1. 鼻水
2. 鼻づまり
3. 頭痛、頬のあたりの痛み、目の奥の痛み
4. 鼻の中の悪臭
5. においがわかりにくい
6. 痰や咳

検査方法

▶レントゲン:副鼻腔炎があると白く写ります。小学生になった頃から参考になります。
▶細菌検査:鼻水を検査してどんな細菌が感染しているかを調べます。

治療

①おくすり:抗生物質、炎症を鎮める薬などを長めに(急性1−2週間、慢性2-3か月間)内服します。慢性化してなかなか治らない場合、漢方薬を使用することもあります。
②鼻の処置:鼻の中にたまった鼻汁を吸引し、ネブライザーにより薬液の吸入を行います。
③手 術 :大人の場合、鼻の通りをよくする手術を行うこともありますが、子供の場合は、よほどの重症でない限り、手術をすることはありません。

予防

カゼを引かないように規則正しい生活、栄養バランスを心がけた食事をとり、適度な運動などで抵抗力をつけましょう。また、風邪やアレルギー性鼻炎は早めにきちんと治療しましょう。

副鼻腔炎のQ&A

Q. 水泳は通わせていいでしょうか?
A. 水泳で鼻に水が入ると鼻の粘膜が腫れることがあります。症状が軽ければ問題ありませんが、ひどいときには休ませてください。スイミングのあとにしっかり鼻をかむことが大事です。

Q. 副鼻腔炎と診断され、抗生物質を何ヶ月も飲んでいるのですが、大丈夫なのでしょうか?
A. マクロライド療法といって、抗生物質を2−3ヶ月継続して飲む治療法があり、慢性副鼻腔炎に対して効果を発揮します。大人にはよく行われますが、3歳未満の小さな子供には効果が乏しく、耐性菌(抗生剤の乱用などが原因で増える抗生剤が効きにくい細菌)の問題もあるため、当院ではこどもに対しては慎重に判断しております。
点鼻治療、漢方治療、ご自宅での鼻洗浄の指導などを組み合わせて治療を続けましょう。

Q. なぜこどもはよく鼻がでるのでしょうか?
A. 免疫力が弱く風邪をひきやすいことや、副鼻腔の構造が成長途中で炎症を起こしやすいことが原因です。成長とともに鼻水が出る機会も減りますが、こどもでも鼻副鼻腔炎が慢性化することもあるため、適切な治療が必要です。

鼻出血

子供の鼻血の原因

 子どもの鼻血の原因は、鼻水が出る病気(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など)があり、鼻を触ることによるものがほとんどです。いったん出血すると、傷がついた粘膜にかさぶたがつきます。それが気になって触ってしまうことで再出血を繰り返してしまいます。

 また、気温が高くなったり、のぼせたりすることで、鼻の中の血液量が一時的に増え、鼻血がでることもあります。

 成長とともに鼻の粘膜が発達して強くなれば、鼻血がでにくくなるので、ほとんどの場合、心配いりません。

鼻血の対処法

鼻血が出たら、まずは下記の処置を行いましょう。
hanadi
(1)鼻血を飲まないように、座って下を向かせましょう。
(2)鼻翼(鼻の柔らかい部分)を両側からしっかりつまみましょう。
(3)そのまま、10分間、持続的に圧迫しましょう。

※注意※
・上を見上げて、首の後ろをトントン叩いてはいけません!
・鼻血がのどに流れてきても、飲み込まず、吐き出すようにしましょう。
・子供を落ち着かせるために、大人は慌てず、冷静に対応しましょう。

鼻血の予防

 ① 鼻いじりをやめる!
 ② 毎日の食事ではタンパク質やビタミン類をしっかり摂って、鼻の粘膜を強くする。
 ③ のぼせやすい子供は衣服や空調を調節してあげる。

鼻出血のQ&A

Q.どんなときに病院にかかったらいいの?
A.下記の場合は受診してください。
 ・止血をしても長時間出血が続いている。
 ・何度も大量に出血している。
 ・鼻血以外にも出血傾向(歯肉出血や全身の皮下出血)がみられる。

睡眠時無呼吸症候群

子供の睡眠時無呼吸症候群とは

 基本的に子供はいびきをかきませんが、お子さんが常にいびきをかいていたり、大人顔負けの激しいいびきをかいているようでしたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があり、注意が必要です。いびきや無呼吸によって良質な睡眠が得られないと、成長ホルモンの分泌が阻害され、その子の成長や発達に影響があるといわれています。

こんな症状には注意!

 ・激しいいびき
 ・睡眠中の苦しそうな呼吸、陥没呼吸(胸がへこむような呼吸)
 ・日中ぼーっとしていることが多い
 ・落ち着きがない
 ・低身長、体重増加不良

子供の睡眠時無呼吸の原因

 ・アデノイド肥大
 ・口蓋扁桃肥大
 ・アレルギー性鼻炎に伴う鼻閉
 ・高度の肥満
 ・顎(あご)の形態異常

治療

 子供の睡眠時無呼吸の多くは、アデノイドや扁桃腺の肥大が原因です。アデノイド、扁桃肥大は4-8歳をピークとして自然に症状が改善することがありますが、いびきの程度がひどい場合は手術を勧めています。
その他、肥満があれば減量をしながら、鼻炎があれば薬の内服を行いながら様子をみていきます。子供の場合も大人同様、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)を用いると高い治療効果が得られますが、機械をつけて寝ることは、子どもにとってはとても大変なことであり、難しい治療といえます。

睡眠時無呼吸症候群のQ&A

Q. 子供のいびきを放っておくと、どうなりますか?
A. 子供が成長するために必要なホルモンは睡眠中に分泌されますが、睡眠時無呼吸によって深い睡眠が得られない場合は、成長ホルモンが低下し、低身長、体重増加不良のほかにも、精神遅滞を来すことがあります。また、日中、眠気が出るために、授業中に居眠りをし、落ち着きがなく、結果的に学力低下や人格変化を起こす可能性もあります。
  子供はなかなか症状を訴えることができないので、大人が早い段階で気づいてあげて、異常ないびきかどうか専門医の診察を受けることが大切です。